札幌腰痛整体

腰椎椎間板ヘルニア

 椎間板あんこ

 椎間板ヘルニアは、腰痛の代名詞とされていますが、今は腰痛の症状の無いあなたも、そのキャリアかもしれません。

 ジョージ・ワシントン大学の研究では、過去に全く腰痛を経験したことの無い人をMRI検査したところ、60歳以下の痛みのない人の1/5にヘルニアが認められ、半数の人に椎間板の膨隆が見られたとのこと。


 さらに、60歳以上では1/3の人に椎間板ヘルニアが存在し、80%近くの人に椎間板の膨隆が見られると発表した。
 

 これは、痛みという症状をまだ顕にしていないが、椎間板ヘルニアの可能性が高い事を示している。

 何かのきっかけで痛みが生じ、それが慢性化したならば椎間板ヘルニアが疑われる。ちなみに、椎間板ヘルニアは腰部しか起こらないとお思いの方が多いが、頚部も椎間板ヘルニアとなるので首や肩こり、手の痺れには注意が必要だ。

 

 椎間板ヘルニアとは
 椎間板は背骨の間にある緩衝材のようなものです。一方、ヘルニアとは「はみ出る」という意味で、背骨の並びにある緩衝材の椎間板がはみ出た状態が椎間板ヘルニアとされています。
 これにより、頚部や腰部で生もじるが、胸部においては肋骨があるため、その強度が増して、胸部椎間板ヘルニアは極稀。事故のような強い衝撃が無い限り起こらない。
 はみ出した椎間板が神経圧迫をすると、強い痛みや痺れを引き起こす。これは、日常生活に影響を及ぼすことになることもしばしばあります。

椎間板ヘルニアの図1上から見たヘルニア

 腰椎椎間板ヘルニア画像側面像(突出した影がある)


 豆知識:もしも神経が露出していた場合、その神経にA4用紙(約4g)一枚の重みだけで麻痺状態になるとされています。身体を捻って倒した時に、神経の場所が悪ければ、痺れが生じる事がイメージできたでしょうか?

 

頚椎椎間板ヘルニアの症状例

・手から腕にかけて痺れや痛みが走る

・手指の動きがぎこちない

・肩こり

・歩行障害       など

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状例

・足先やふくらはぎに走る痛みや痺れ

・足先の動きがぎこちない

・坐骨神経痛

・腰背部の痛み

・歩行障害

・排尿障害

 

 検査方法
整形外科にてMRI・CT検査などにより判断

・レントゲンで椎間板ヘルニアと診断される場合があるが、レントゲンでは水分で満たされた椎間板は明確に写し出されないため、腰椎の配列から憶測で診断されているケースがあるので注意が必要。

 

 

 主な原因


頚椎椎間板ヘルニア

・首への過度な加重

・長時間のデスクワーク

・姿勢の悪さ    など

 

腰椎椎間板ヘルニア

・腰への過度な加重

・長時間の座位姿勢

・姿勢の悪さ

・ストレス    など

 

 また、椎間板の歪みは、血行不良や内蔵機能の低下に繋がります。そして、肩こり・冷え性・睡眠障害・肥満など様々な症状を引き起こします。

 姿勢の悪さが、椎間板ヘルニアに繋がる理由としては、背骨は横から見たときにS字カーブを描きますが、これが失われたとき、椎間板に物理的大きなストレスが加わりヘルニアとなるリスクが増えます。

 頭の重さは体重の約1/8と言われています。(60kgの体重で頭部重量が7.5kg)この重さが歩くたびに上下運動し、背骨に衝撃を与えます。これらの重量物の緩衝に、正常なS字カーブが必要なのです。

 

 病院での一般的治療法
 原則的には保存療法で鎮痛剤、牽引や温熱療法などである。痛みや痺れにより生活が困難な場合は、神経ブロック療法(神経根ブロック、硬膜外ブロックなど)が行われる。

 それでも効果が見られない場合(筋力低下や激しい痛みなど)は、外科手術を考慮する。

 一般的には、排尿障害が生じた際は、手術適用とされている。しかし、残念ながら手術が必ずしも効果をもたらすわけではないのが現状。

 椎間板ヘルニアに関しては、何もせずに治癒することは期待できませんが、最近の医学の研究では、身体の中にある免疫システムの一部のマクロファージ(大食細胞)が正常に活動することが出来れば、飛び出した椎間板を、死んだ細胞と判断し捕食するのではないかと考えられています。

 上記にある軽度のヘルニアで痛みの無い方々は、身体が正常に活動できているうちは、マクロファージにより進行が抑えられているのかもしれません。

 

札幌腰痛対策